製造技術 高分子化学 機能性材料 超高圧 リビングラジカル重合 自己組織化 刺激応答性高分子 通常の気圧条件とは異なる超高圧の条件下で誘発される特異な相互作用を利用した機能性材料の開発を目指しています。ここでとりあげる超高圧条件とは1,000気圧以上10,000気圧程度までの範囲で、圧力効果を系全体に一様に適用し、短時間での処理が可能なことが利点です。これまでに新たな機能性材料としてポリビニルアルコール(PVA)とシリカ粒子のナノレベルでの複合体や超高分子量体の刺激応答性高分子の調製にも成功しています。 刺激応答性高分子:光や温度、phなど、刺激(環境変化)に応じて、形状や物性を変える特性を持つ。感知、判断と言った高度機能を備えた知的材料として注目されている 超高圧条件下では無機・金属と高分子の複合化や様々な高分子合成が可能になります。とくにシリカ粒子とPVAや刺激応答性高分子とのナノレベルでの複合化、また刺激応答性高分子ゲルの調製が可能です。刺激応答性高分子が複合された機能性材料は、温度や光などの外部環境に応じた色素や薬剤などの固定化・放出も制御可能であると予想されます。新機能を持つ化粧品やトナー等充填材の開発、また無機・金属(触媒)表面への強度や機能性を高める被覆処理などへの適用が期待できます。 ●特開【2003-26177】高圧により形成される分子複合体発明者;岸田晶夫,山元和哉,古薗勉,吉澤秀和 1000気圧以上の超高圧条件で機能性材料を開発する研究。刺激応答性高分子を含むナノ複合体も調製可能なため、高機能商品開発への応用が期待できます。興味を持つ企業等の要望による可能性の広がりを希望しています。
PDFファイル:7-Tn-yamamoto-eng.pdf